2016年9月28日 (水)

クリスタルホールが満杯  〜松元ヒロ ソロライブ を終えて〜

Hiro2

 9月21日(水)、無事に松元ヒロソロライブを開催することが出来ました。

 5月末の第1回実行委員会以来、周到に準備を重ねてきたとはいえ、クリスタルホールがお客様で満杯になり、アンケートの結果も概ね好評に終わったことは望外の喜びでした。

 思い返せば、2012年、2014年にも開催し、今回で3回目。いずれもライブの実行委員長を務めさせて頂きました。私は今でもNPOこどもすぺーす柏の会員でも役員でもありませんが、あるきっかけで2012年にヒロさんのライブ開催の実行委員会に呼んで

Hiro3_2

頂いて以来、時々何かあると呼んで頂くようになりました。
 NPOこどもすぺーす柏では、普段の事業は理事や会員で実施していますが、市民文化会館に東京シティバレエ団をお呼びしてのバレエ鑑賞会や、今回のようなホールを使う事業のように比較的大きな事業を行なうときには実行委員会を組織し、外部から委員の成り手をスカウトすることがあります。今回も委員の半数程度は外部からスカウトされた方々で、ご存知の方々も多く、これは楽しくなりそうだ、と思ったものでした。

» 続きを読む

2016年8月13日 (土)

読書会.net について

読書会.netというのを立ち上げました。
どうして立ち上げてしまったのかは自分でも良く判りませんが、要は直感的に面白い! と思ったからです。
何故面白いのか、これからどうするのか。
数か月たったので、自分の確認としての意味が大きいのですが、書いてみようと思います。
そもそも、何故思いついたのか。
気がついたら、面白いかも! と考えていた。ということなので、後追いになるわけだが理由を考えると、
・読書から遠ざかりつつあった。ある種の危機感。
・再読したい。読書の楽しみを共有したい。
・主催者の楽しみ。参加者の楽しみ。
を考えていたような気がする。
もともと若いころから読書好きだった。音楽も好き、映画も好きだが、時に音楽や映画に飽きることがあっても、いつも読書はぼくの友だという感覚があった。年齢と共に新しい著者、新しい本との出会いが続き、飽むことがなかった。興味の対象は小説から、心理学、思想、社会学一般に広がって、読む本に事欠かないと思っていた。
いや、そう思っていたのだが、気がつくと、あまり本を読まなくなっていた。何故なのか。集中力がなくなった。新しい本を読む気力が落ちたのか。40代の後半から、父、母、伯父と介護等に追われ、自分の人生ではなくなったような時期が続いていたからだろうか。もう若くはない、という自覚がネガティブに作用したのか。あるいは、単純に老眼が徐々に進み、本を読みにくくなってきたからだろうか。49歳で前職を辞めて、時間が出来たら読めるのか、と漠然と思っていたが、そういうものでもなかった。本を読むことが減って、漠然とした危機感があった。ある種の不全感と言ってもよいのかもしれない。自分が自分でないような感じ。

» 続きを読む

沈黙とブランク

庄司薫さんという作家の小説を夢中で読んでいたのは、十代の終わり頃から二十歳代だろうか。

1969年の中央公論に「赤頭巾ちゃん気をつけて」という小説をペンネームで書き(本名は・福田章二)、芥川賞を受賞して一躍時の人になった。小説の主人公の名前も庄司薫で、作者も庄司薫、というわけでこの19歳の主人公が本当に小説を書いたのだろうか? そんなこともささやかれたのだが、不幸なことに(いや、もちろん素晴らしいことだけれど)芥川賞を受賞したために、実はその10年も前に本名で「喪失」という小説を書き、中央公論新人賞を受賞した(当時は二十歳だった)福田章二氏だということがバレてしまう。学生作家の福田章二は本を一冊残して、このときまで沈黙していたのだった。

作家・庄司薫はその後主人公・薫による全四部作を完成させると再び筆を擱く。1970年代末にはほぼ何も書かなくなり、なんと、自作の文庫本化等に後書きを寄せたりする程度で現在まで沈黙を守ってきたのだ。

あれだけ才能のある人がおそらくは数々のオファーがありつつも沈黙を貫いた来た。そこには確固たる意思があったに違いない。

» 続きを読む

2013年3月 9日 (土)

「ふたつの講演 戦後思想の射程について」(加藤典洋著・岩波書店) 内容概観

著者は文芸評論と共に、ある種、戦後批評(?)のようなものに長くかかわってきた。1...

» 続きを読む

2012年8月27日 (月)

立川談志に愛された芸人 松元ヒロ ソロライブ 9月22日にアミュゼ柏で開催

是非ご紹介したいイベントです。 ◆「マイム」と「トーク」による社会風刺の鬼才・松...

» 続きを読む

2011年8月30日 (火)

都内を自転車で走ってみる

思いついて都内でサイクリングしてみた。
と言っても、本格的に自動車で都内までバイクを運んで、走った……みたいな格好のよいものではない。
確かに、ふと気がつくと、都内に限らず、スポーティな格好に身を包んだサイクリストを近年良く眼にする。
しかし、ぼくの場合は違う。レンタサイクルを借りて、走ったのである。

実は、都内(というより、関東近県)でも徐々にレンタサイクルが普及してきているらしい、という情報をつかんでいた。区や市などの行政が、ある種の施策として実施するケースや(多くは、安価で、身分証明書ひとつで気軽に使える)、自転車屋さんのレンタサイクルなどもある。行政としては車の交通量を減らす、という意味合いもありそうだし、観光の意味合いもあるのだろう。
そして、ウェブ上でも探したらこんなサイトも出てきた。
http://www.greenpedal.jp/map
自転車は確かに、クリーンな乗り物ではある。空気をよごさない。都会を自転車で走る、というのはどんなものだろう。ぼくは普段車に乗らないし、都心に出たら基本は駅から目的の場所へは歩く。時には目的もなく駅から駅へ、歩く。いずれ駅が起点となるわけだが、移動出来る距離も、時間も、自ずと限られてくる。ところが、自転車なら車より身軽に、徒歩よりずっと大きな距離を短い時間で移動出来る。ふとした好奇心で道端に自転車を止めて立ち寄りも簡単だ。都会の光景が違って見える(かもしれない)。

» 続きを読む

2011年4月 9日 (土)

「さよならをもう一度」ニュープリントで上映(午前十時の映画祭)

うかつでした。「午前十時の映画祭」という試みが全国で行なわれていたんですね。昨年...

» 続きを読む

2011年2月17日 (木)

iPhoneが還ってきた話。

一昨日のことです。母の毎月の施設利用料金を振り込もうと訪れた銀行で、iPhone...

» 続きを読む

2011年1月18日 (火)

大林宣彦監督の新作!『「この空の花」 -長岡花火物語-(仮題)』

「この空の花」 -長岡花火物語-

» 続きを読む

2010年11月15日 (月)

1970年3月号 シリーズ・70年代のSFマガジンを読み直す

 さて、しばらくの間僕がSFに夢中になっていた頃のSFマガジンを読み直す、というか、眺め直す(?)というシリーズを書いてみようかと思っている。きっかけは、長らく実家の押し入れの中でかび臭くなったまま眠っていた昔々のSFマガジンや奇想天外を何十年ぶりかで出して棚に並べたからである。五年ほど前に実家に戻って以来、様々な父や母の遺物と格闘してきた(まだ続いている!)一環で再び日の目を見たのだ。不憫に思い、ぱらぱらとめくるとそこには嗚呼、我が青春のSFの日々が……。
 と、思いきり感傷モードになっても困るわけだが、各号の目次を見ているだけでも、本当にSFに夢中だった頃、何もかもが新鮮で驚きに満ちてわくわくしていたことを思い出す。何しろ読書体験のその始まりにSFが位置しているので、読書=SFと言う時期が初期には続いたのだ。しかし少しずつその感激も薄れ、冷静に個々の作品を評価する様になった頃もまた興味深い。読書の範囲が少しずつ広がり、庄司薫に出会い、河合隼雄や岸田秀、日高敏隆、村上陽一郎などを読み、さらに村上春樹のデビューがあって……と僕の読書歴は続いていくのだが、今回はとにかく、玉石混交ながらきらめくような読書の魅力を僕に擦り込んでくれたSFマガジンを読み直してみる。もちろん、本当に全部読み直すことは出来ないのだが、一号ずつしげしげと眺めてみたい、という訳だ。
 お付き合い頂ければ幸いである。

Scan さてさて、では早速その第一回は、僕とSFMの出会いとなった1970年3月号から、ということにしよう。僕は6月が誕生日なのでこのとき13歳。ということは中学一年三学期ということか。確か小五か小六の時に角川の文庫でバローズの『火星のプリンセス』を見つけ、大人の本と思っていた文庫本にも僕が読める本が(ちらほらと)混じっていることに気がついて嬉しかったのだった。文庫なら安くてなんとかお小遣いで買えたからである。そして中学になり、実はSFの専門誌があったのだ、ということに気がつく。衝撃だった。何とも奇妙な表紙の雑誌が、そのSFマガジンだった。

 今ではしわしわよれよれの表紙で本文も黄色く変色しているが、もちろんピカピカだった中学一年の僕が店頭で手に取ったときにはSFMもピカピカだった。では、さっそく中身を見ていこう。

» 続きを読む

«dozeu.net雑想ブックを公開

カテゴリー

  • dozeu.net『雑想ブック』
    平成17年に自主製作した僕のエッセイ集です。
  • まちづくり
    地域づくりコーディネーターとして働いています。市民活動団体、NPO等で地域活動にもかかわっています。
  • 感想・思索
    読書や、観劇、コンサート等の感想や、日々触れるさまざまな事柄について考えたこと、感じたことなど。

最近のトラックバック

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ