« 2006年4月30日 - 2006年5月6日 | トップページ | 2006年5月14日 - 2006年5月20日 »

2006年5月7日 - 2006年5月13日に作成された記事

2006年5月13日 (土)

『青髭』の透かし絵

庄司薫さんの小説が本当に好きでした。
『赤頭巾ちゃん気をつけて』に始まる薫くん四部作。十代にあの四部作に出会わなかったら、ぼくの考え方、生き方は、きっと今と違うものになっていただろうと思います。
あれから、ずいぶんと時間がたったけれど、ぼくは節目であの四部作を読み返しては生きてきたように思います。その時々で微妙に読後感は違いました。言わば、あの四部作を定点にして、自分の軌跡を定点からの距離の関数として考えるようなところがあったかも知れません‥‥。他にもいくつか、ぼくにとってのアンカーポイントはあるわけだけれど、一番最初の、最も印象的なポイントはやはりあの四部作であるに違いないのです。

昨年末に造った自分の本『dozeu.net雑想ブック』の中に、「1972年の栄養失調」という文章を収めました。ぼくは、その文章で、庄司さんのかくも長き沈黙について書いてみました。

続きを読む "『青髭』の透かし絵" »

2006年5月11日 (木)

廻れよ、寿司!

今日は何かいいチラシは入っていないかなぁ‥‥。Tamago1
勤めを辞めて以来、ぼくは新聞を開く前に、チラシをしっかりとチェックするようになりました。
うまくすると、マックやミスター・ドーナッツの他にも何かクーポン券のついたチラシがあるかも知れない。安売りの情報があるかも知れない。
‥‥これって、ほとんど主婦ですよね。
そうです。一人で炊事洗濯をやっているので、まぁ、似たようなものです。主夫は大変なんだ。いろいろと。

続きを読む "廻れよ、寿司!" »

2006年5月10日 (水)

金槌、蛙に変身す?!

4月からスポーツクラブに通い始めました。
理由はいくつかあります。
ひとつは、転職して自宅で仕事をするようになり、通勤がなくなって、自然に運動不足になっていること。体重も少しずつ増加しています。
また、自営業ですので、時間配分は自分で決められます。昼間に行くことも可能です(その分夜に仕事をしなくちゃならないかも知れませんが)。これなら、比較的続けやすい。
さらに、四月から2か月間は、新規のお客を獲得するためのキャンペーン価格の広告が入ってきました。
最後に、小学校以来の友人(高校教員)が、新規にクラスを持つことになり、夏には沖縄で、生徒をつれてダイビングをすることになったのですが、問題がひとつあったのです。そうです。彼は、金槌だったのです(でも、なんで泳げない人のことを金槌というんだろうなぁ)。たまたま3月末に会ったときにわかったのですが、彼もちょうどスポーツクラブに行こうと考えていたのだそうです。

続きを読む "金槌、蛙に変身す?!" »

2006年5月 7日 (日)

映像の文庫本

B000eohuz001lzzzzzzz
ぼくは千葉県の柏市に住んでいるのですが、柏にもイオンが開店しました。昨日土曜日、早速行ってみました。
国道六号沿で、結構大きい。駐車場は満杯の様子。自転車のぼくは問題ありませんでしたが。
イオンは、様々な店舗が入っているのですが、飲食店のウェートが大きいように思うのですがどうでしょう。レイアウトの仕方もちょっと面白い。

ところで、実はぼくのねらいはポータブルDVDプレーヤーだったのです。オープン特価で7インチ液晶がついたモデルが1万8千円ほどだった。実は、密かにずっと液晶付でコンパクトなポータブルDVDプレーヤーが欲しかったのです。家には、プレステ2があり、マックがあり、それどころか、液晶プロジェクター+DVD/LDプレーヤーまである。
本当はまったく必要ないのです。
それなのに。
買ってしまいました。我ながら困ったものです。

実は、これも恥ずかしい話ですが、買ったけれど観ていないDVDソフトって、何本か(いや、何本も)あるんですよね。あなたの家にはないですか? ぼくの友人には、ひたすらTVから録画し、また購入もして、観ないで並べておくだけ、という猛者もいないではないですが、普通はちゃんと観るために買うわけです。
でも、本や音楽と違って、DVDソフトは耳も目も奪ってしまう。ながら族になれないメディアなんですよね。
それがいいところでもあり、でも制限にもなる。時間をとって、気合いを入れないとなかなか観ない、ということにもつながる。
違いますか?

その意味で、特にプロジェクターを買ったのは、ホームシアターっぽくしたかったからです。ちゃんと映画を観る。
いいですよね? これはこれで。
ところが、今回のポータブルDVDプレーヤーと来たらわずか7インチの液晶画面。寝転がってお腹の上に載っけても重くもない。まるで、文庫本を読むときのような気楽さがある。実際リチウム電池に充電すれば、街に持ち出せる。
つまり、TVやプロジェクターで観る映像ソフトがハードカバーでの読書なら、ポータブルDVDプレーヤーでの映画鑑賞はまるで気楽な文庫本での読書です。持ち運びもオーケイ。途中で中断するのも気楽に出来る。そんな文庫本感覚のメディアにできる。
なんだか、映像ソフトと新しいつき合い方が出来そうな、そんな予感がしないでもないわけなんだなぁ。
どう思います?

« 2006年4月30日 - 2006年5月6日 | トップページ | 2006年5月14日 - 2006年5月20日 »

カテゴリー

  • dozeu.net『雑想ブック』
    平成17年に自主製作した僕のエッセイ集です。
  • まちづくり
    地域づくりコーディネーターとして働いています。市民活動団体、NPO等で地域活動にもかかわっています。
  • 感想・思索
    読書や、観劇、コンサート等の感想や、日々触れるさまざまな事柄について考えたこと、感じたことなど。

最近のトラックバック

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ