« 2006年5月21日 - 2006年5月27日 | トップページ | 2006年6月4日 - 2006年6月10日 »

2006年5月28日 - 2006年6月3日に作成された記事

2006年6月 2日 (金)

どぜう芽モ(06/06/02 リンダ・リンダ・リンダ)

・どうやら四国の宿毛に行くことになりそう。その下準備をきちんとしないと。
・象のロケットから第二回目のレンタルで、『リンダ・リンダ・リンダ』と『Liar Liar』届く。ついさっき、リンダの方を観る。四人の女子高生が学祭でブルー・ハーツの「リンダ・リンダ・リンダ」を歌う、という実にシンプルな話。ギターの娘が指に怪我をして弾けなくなり、さらにメンバー内で喧嘩して仲の良い一人が飛び出し‥‥という実に険悪な出だしで始まる青春映画。わたしゃ、外れかと思いかけましたよ。ほんと。しかし、実はよかった。ボーカルに急遽、韓国からの留学生を入れ、キーボード担当がギターを持って、徹夜練習で当日を迎える。ところが、出番になっても四人は現れない。練習スタジオで徹夜明けのまま眠りこけてる‥‥。やっと目覚めて会場の体育館に向かうが外は土砂降りの雨。急遽つなぎを入れて待っている同級生たちのもとに濡れ鼠の四人がやっと現れた‥‥。ちょっと、女の子版の『青春デンデケデケデケ』的なニュアンスもあるけれど、演出のスタイルは随分違う。こちらも悪くはない。自分をもてあましているような、もどかしいような、誰にでもある若き日の数日間。あなたもきっと思い出しますよ。因みに、韓国から来た女子学生役のペ・ドゥナが結構お気に入りです。
・河合隼雄さんのまとめ買いあり。有り難し。最近、河合さんの追加更新していない。やること多し。
・銀望しおりを造っておくこと(在庫僅少)。

2006年6月 1日 (木)

どぜう芽モ(06/05/31 大島弓子など)

・昨日は、ケアマネージャーさんに会う予定が、キャンセルになり、既に先方に向かっていたぼくは急遽予定を変更。昨年までお世話になっていたT大学に寄ってみることに。やはり退職後に行くのは用事があってもなくても、多かれ少なかれ気が引けるところはある。あまり考えると行けなくなるので、あまり深く考えずとにかく行ってみる。昼時に行ったのだが、懐かしい顔々。所々でご挨拶し、暖かく迎えて頂き感謝。多少の人事異動もあった模様。昼食は、ハーブ園内のがっしりしたウッド・テーブルを何人かで囲んで生協で買ったパンやおにぎりを食べた。天気が良くて暑過ぎもせず気持ちが良かった。昼休みが終わり、みなさん引き上げた後もそのテーブルをお借りしてしばらく宿毛の資料読み。3時過ぎに大学を後にする。近くの馴染みの古本屋Kのご主人ともご挨拶。今月はあまり良くなかったとは言うものの、全体としてみれば少しずつ客足は伸びている様子。まずはよかった。駅近くのブックオフにも寄って数冊仕入れ。その後母のいるケアハウスに向かう。

・先日、ウェブちくまの担当の方からメール。ウェブちくま上のコンテンツで加藤典洋さんのものがあるのだが(このブログのリンクにも入れてあります)、先日出したクエッションを加藤さんに転送するので、一応了解を取りたい、とのこと。もちろん、謹んで了解する。回答は早ければ6月下旬頃にウェブに載るとのこと。加藤さんのコンテンツ以外にもウェブちくまには良いコンテンツが結構ある。現在は小川洋子さんの講演の記録がアップされている。これも良かった。

・大島弓子の「ダブル・ハウス」と先日書いたのは誤り。「ロスト・ハウス」の表題の短編を読んだ。短い話なのだが、ラストまで読んで久々に負けた。やはり才能という点で、僕の知る限り、萩尾望都と双璧だ。このふたりはとんでもなくすごい。少女漫画というジャンルの中でぴかいちというだけではなく、表現者として飛び抜けたレベルと言って良いと思う。

2006年5月31日 (水)

どぜう芽モ   

・今日は、ケアハウスにいる母の件で、ケアマネージャーさんと会う。最近介護保険制度が徐々に「改悪」されつつあるみたいで(ま、予想できたことだけれど)、負担額が増えていく。現状と今後について話を聞き、今後のことについて考えておく必要を感じたのだ。今日は昼飯を母と一緒に食べられるかも知れない。

・途中、宿毛の資料を読むつもり。少し真面目にやらねば。
・借りたDVDは今日郵送で返却。このシステム使えそうだ。次は何を観よう?(最近、象のロケット、に加入。初めてレンタルした)
・久しぶりに小説の冒頭を書いてみた。手探り。このまま止まってしまうかも知れないし、動き出すかも知れない。
・今月は昨年5月銀望を始めて以来の最高売り上げ。とは言っても、その総額はとても少ないのだが。でも少しずつでも売り上げが伸びているのが救い。来月また上回れるか、疑問。そのためにはきちんと登録・更新しなくてはならない。宿毛関係とバランスが難しい。沢山買っておいた「指輪」の売れ行きがいい。嬉しい。
・メガロスに加入して二ヶ月。サービス期間が終わる。継続はナイト会員にする予定(Uの水泳コーチとしてはやむを得ぬ選択なり)。体重増減ほとんどなし。もう少し筋トレをやらないとダメか。

2006年5月30日 (火)

芽モ ---- デイ・アフター・トゥモロー

今日は大気の状態が不安定と天気予報で言っていたけれどほんとうだ。外は真っ暗(最も夜7時)。雷がごろごろ鳴っている。

今まで、レンタルした映画「デイ・アフター・トゥモロー」を観ていた。予想以上に面白い。何しろ「インデペンデンス・デイ」の監督作品だから、派手でその分大味かと思っていたのだが、いい方に裏切られた。良くできていた。特撮が実に見事だったけれど、デニス・クウェイドとジェイク・ギンレイホールの主演ふたりがなかなかよかったし、脚本・演出も手を抜いていなかった。テーマは、異常気象。その異常気象を引き起こすまで傲慢になった人類への警鐘といったところに、ハリウッドの親子関係ドラマが被さっている。冒頭に、京都議定書のことがちらりと出て、最初の異常気象が起こる場所として日本が描かれる。
後半、外のごろごろと映画がシンクロしていい雰囲気出していたなぁ。

今日のお昼はガストの日替わりランチ。ドリンク・バー付で600円弱。学食よりやや高いが、悪くない。
仕事の資料読み。四国の宿毛湾関連。途中疲れたので気分転換に、大島弓子の『ダブル・ハウス』という作品集を少し読む。やっぱりいいなぁ。実にいい。テンポが違う。ズレ方がいい。

2006年5月29日 (月)

時間の秘密

SFには時々タイム・マシンやタイム・トラベルがでてきます。
人間にとって、一番動かしがたいものの一つが「時間」だからでしょう。逆に、その動かしがたい時を“操る”ことを夢想して、時間の中を自由に移動できないか‥‥と空想するのではないでしょうか。

続きを読む "時間の秘密" »

« 2006年5月21日 - 2006年5月27日 | トップページ | 2006年6月4日 - 2006年6月10日 »

カテゴリー

  • dozeu.net『雑想ブック』
    平成17年に自主製作した僕のエッセイ集です。
  • まちづくり
    地域づくりコーディネーターとして働いています。市民活動団体、NPO等で地域活動にもかかわっています。
  • 感想・思索
    読書や、観劇、コンサート等の感想や、日々触れるさまざまな事柄について考えたこと、感じたことなど。

最近のトラックバック

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ