« 2007年5月6日 - 2007年5月12日 | トップページ | 2007年5月20日 - 2007年5月26日 »

2007年5月13日 - 2007年5月19日に作成された記事

2007年5月19日 (土)

ぼくは将来、野球選手になっていますかー?

あれはTDKだろうか、Fujiフィルムだろうか、それとも他のメーカーだっただろうか。
そういう意味では、きちんとしたコマーシャルの効果を挙げているのかどうか、少なくともぼくに関する限りは怪しいものなんだけれども、先日ビックカメラの店頭モニタで流されていたCMに見入ってしまい、心動かされてしまう自分を見つけて動揺した。
ご存じだろうか。
あれは記録媒体としてのDVDの販促ビデオに違いない。
画面には、穏やかな音楽と共に、小学生くらいの子供たちが次々に一人ずつ現れては、まっすぐカメラに向かって、というよりは、未来の自分に向かって、呼びかけるのだ。
—ぼくは将来、野球選手になっていますかー?
—私は、やさしいお母さんになっていますかー?
—ぼくは、美味しいオムライスをつくれるコックさんになっていますか?
—私は、いっぱい勉強して、看護婦さんになっていますか?
—ぼくは、新幹線の運転手に、なっていますかー?
—私は、幼稚園の保母さんに、なりたいです。
—私は、幸福に、なっていますかー?
‥‥とにかく、それが延々と続く。そして最後に、
美しい画像はマクセルのDVDで残しましょう(マクセルだったかなぁ?)、とかなんとかナレーションで閉める。

ぼくは店頭で立ちつくししたまま、本当にもう少しで涙が溢れてしまいそうだったんだ。馬鹿みたいな話だけれど。

2007年5月18日 (金)

文庫を43点登録しました(銀河望遠鏡)

銀望の最新の新規登録本をお知らせいたします。

 今回は43点、特定の星にまとめて登録、というスタイルではなく、バラエティに富んだ品揃えとしたため、「地球」「学問の星」「筒井康隆/半村良の星」「小松左京の星」にそれぞれ登録されています。一括してみたい場合は、「新規登録本の星」から最近の新規登録本をご確認下さい。今回は文庫と新書です。
 では、今回の登録の主なところをご紹介します。今回は星ごとに‥‥
 「地球」‥‥まずは、SFの古典であり、文学の古典として岩波文庫に収録されたウェルズの「タイム・マシン」。これは今読んでも色あせない作品です。コニー・ウィリスの「航路」。上下巻それぞれと上下セットを登録しました。臨死体験を扱った感動作と評判です。大友克洋の映画「スチーム・ボーイ」は、産業革命期のイギリスで、もし蒸気機関が現在と異なる発達をしていたら、‥‥という架空歴史物ジャンルのアニメーションでしたが、その元祖とも言うべき作品がギブスンとスターリングというサイバー・パンクで一世を風靡した作家たちにより共作された「ディファレンス・エンジン」です。アーヴィングの「ガープの世界」はサンリオ文庫版で。フォト・ジャーナリスト長倉洋海さんの「マスードの戦い」もぜひチェックして下さい。9.11の同時多発テロが起きる2日前にテレビクルーを装ったイスラム狂信派に暗殺された、アフガニスタンの独立と祖国統一のために闘った英雄マスードの記録をぜひ読んでいただきたい。他に塩野七生、梶尾信治、瀬名秀明ほかを登録しました。
 「学問の星」‥‥まずは、批評家・加藤典洋のデビュー作「アメリカの影」。これは面白いです。今回は山口昌男さんの本をいくつかまとめて登録しました。「本の神話学」「歴史・祝祭・神話」「道化の宇宙」「道化的世界」「知の祝祭」です。中沢新一も2点。梅棹忠夫さんの古典的名著「文明の生態史観」も文庫で。蓮実重彦も1点。締めくくりは林達夫さんの「歴史の暮方」。
 「筒井康隆/半村良の星」‥‥今回は筒井作品のみ。ぼくのお好み「旅のラゴス」。それから「虚人たち」。さらに「虚航船団」「朝のガスパール」「残像に口紅を」、そしてジュヴナイル「愛のひだりがわ」。ほんの一部を登録するだけでも、筒井康隆がいかに素晴らしい達成を成し遂げているかが分かります。今回は、さらに筒井が家族で造っていた伝説の同人誌「ヌル」の後に、作家となってから始めた同人誌「ネオ・ヌル」時代の作品(同人たちの作品と筒井の寸評を集めている。夢枕獏はここから作家の道に)を三巻にまとめた「ネオ・ヌルの時代」も登録。
 「小松左京の星」には、「日本沈没」上下巻を登録。

 今回は、こんなところで。

泳ぐ、泳げば、泳げ!

ときどき疲れます。
やっている意味があるのかないのか。
いや、クロールを練習するようになって疲れるのかな?

何って、スイミングの話ですよ。
実は4月から週平均3日のペースを守ってスイミングに行っています。本当は週4日、というのが当初の目標でしたが、そこまでは行きません。
もちろん、運動不足の解消が大きな目的ですが、まぁ、それよりモチベーションとしてはダイエット効果などの方が大きいかも。何しろ今や立派な、紛れもない中年となって、おなか周りの贅肉が気になっています。これを何とかしたい。
鏡で見る自分の姿が哀しい。
分かりますよね? (分からないなぁ、というそこの人、君はもう読まんでよろしい!)

で、スイミングです。週3日行っています。まぁ、それほど一生懸命泳ぐわけでもなくて、軽く泳いでシャワー浴びて終わり、なんて日も結構多いわけですが、それでも。
一ヶ月半行きましたが、ほとんど効果は実感できません。
体重も減っていない。見事に。いや、時に1〜2キロ減ったかな? と思うときもあります。でも、次に来ると元に戻っていたり。体重を量る時間帯や、食事の後先で変わってしまう、その程度の違いです。誤差の範囲ではないですか。嗚呼。嘆かわしい。
しかし、まぁ、と気を取り直して思う。
継続は力だ。
そもそも運動不足解消のためだ。体を動かして悪いことはあるまい。無理をしては続かない。今のペースを守ってやることが肝心だ。そのうちきっと、たぶん、いやもしかすると、まさかとは思うが‥‥。
自分に言い訳しております。
なんなんだか。

無駄な抵抗かも知れないが、まぁ、これもいいか。

2007年5月17日 (木)

庄司薫コミュ、を更新しました

だ〜れも訪れてくださらない(来ても書き込みしてくれない?)庄司薫コミュ“舌かんで死んじゃいたい”ですが、本日、これではならじ、と更新いたしました。
エントリーは現在4つ。
・印象に残るシーン・記述
・庄司さんを、いま語ろう
・誰が好きですか? 四部作の登場人物
・“薫”くんシリーズほか、庄司作品を語る
です。
どうぞ遠慮なくコメントをつけてくださいね。「誰が好きですか? 四部作の登場人物」は、アンケート形式の人気投票の形にしました。結果がグラフ表示され、その理由も表示されるようになっています。ぜひご参加下さい。

2007年5月14日 (月)

早川書房の単行本等を26冊追加しました(銀河望遠鏡)

本日、早川書房等から出版された単行本を26冊(いくつかセットものを含みます)新規に登録しました。
簡単に内容をご紹介します。

まず、トールキンの「指輪物語」の単行本全7巻セット(追補編を含みます)を登録。同時にペーパーバック版のセット(「指輪物語」+「ホビットの冒険」)も登録しました。英語でチャレンジしようという方はどうぞ。今回、トールキンを除いてはすべて早川書房の本です。
海外SFノヴェルズからクラークを2点、ル・グウィンを2点(「オルシニア国物語」「所有せざる人々」)、ロビンスン「スター・ダンス」、ブラッドベリ「キリマンジャロ・マシーン」、ポール「ゲイトウエイ」、ニーヴン「リングワールド」です。特にル・グウィンのものはお奨めです。
シモンズの「ハイペリオンの没落」「エンディミオン」は、文庫でも読めますが、ハードカバーで揃えるのもまたおつなもの。それだけの価値ある傑作です。
また、ファンタジー派の方には「最後のユニコーン」で知られるビーグルの「ユニコーン・ソナタ」はいかがでしょうか。その他日本人作家の作品も8点ほど。中でも豊田有恒の「遙かなり幻の星」は、まさしく幻の本、かも。

このところ比較的順調な更新(あくまでも銀望の基準としては)をお知らせできて嬉しいです。次回の更新では、SF、ファンタジー中心の更新から少し離れて、バラエティに富んだ内容で更新する予定です。次回もお楽しみに。

追記)「早川書房の星」は「SFの星」に統合致しました(2007.7.18)

2007年5月13日 (日)

第3回銀望Podcasting配信しました

第3回の配信エピソードは「古本屋の変化と更新情報」です。
徒弟制度的に受け継がれてきた古本屋の世界も、ネット時代に入り、様々な変化の時代を迎えていると言えます。今回はその辺りの事情と、銀望の新規登録情報をお送りしています。是非アクセスしてみて下さい。

銀望のPodcastingは、銀望のサイト内と、アップルのiTunes Store内のPodcastにも登録されていますので、どちらでも視聴できます。iTunesで探すときには、トップページの検索窓で、「銀河望遠鏡」と入れて検索して下さい。Podcastの分類で表示されます。
ところが、銀望のPodcastページを、マッキッントッシュで観ると、これが不具合を起こしていることが判りました。なんと、ウインドウズではPodcastを正常に視聴できるのに、マックでは第2回と第3回の放送分がうまく表示されず、QuickTimeのウェブサイトに誘導されてしまいます。どういうことなんでしょうか。QuickTimeの最新のバージョンに何か不具合があったんじゃないかと睨んでいるのですが、どうでしょうか(飽くまで推定)。因みに、第1回放送は、音声のみの普通のPodcastで、第2回以降は、音声のみではなく、静止画のスライドショー機能を追加した拡張型Podcastを配信していますが、このこととも関係がありそうです。

今回の配信では、ネット時代の古本屋さんの話に軽く触れた後、銀望の新規登録本の紹介をしています。その時、音声に合わせて、紹介した本の画像を表示しているのです。さらに、タイトルをクリックすると、リンクが貼ってあって、すぐにその本の登録してある星に跳ぶことができます。拡張型Podcastはなかなか便利なんです。チャプター機能もあるので、好きなところから視聴することもできます。ぜひ視聴してみて下さいね。
マックでご覧になっている方、あなたのマックで正常に視聴できたかどうか、お教え頂けると助かります。もちろん、iTunesをお持ちの方は、iTunes Storeからダウンロードして頂ければ、全エピソードとも正常に視聴して頂けます。

« 2007年5月6日 - 2007年5月12日 | トップページ | 2007年5月20日 - 2007年5月26日 »

カテゴリー

  • dozeu.net『雑想ブック』
    平成17年に自主製作した僕のエッセイ集です。
  • まちづくり
    地域づくりコーディネーターとして働いています。市民活動団体、NPO等で地域活動にもかかわっています。
  • 感想・思索
    読書や、観劇、コンサート等の感想や、日々触れるさまざまな事柄について考えたこと、感じたことなど。

最近のトラックバック

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ