« 2013年3月3日 - 2013年3月9日 | トップページ | 2016年9月25日 - 2016年10月1日 »

2016年8月7日 - 2016年8月13日に作成された記事

2016年8月13日 (土)

読書会.net について

読書会.netというのを立ち上げました。
どうして立ち上げてしまったのかは自分でも良く判りませんが、要は直感的に面白い! と思ったからです。
何故面白いのか、これからどうするのか。
数か月たったので、自分の確認としての意味が大きいのですが、書いてみようと思います。
そもそも、何故思いついたのか。
気がついたら、面白いかも! と考えていた。ということなので、後追いになるわけだが理由を考えると、
・読書から遠ざかりつつあった。ある種の危機感。
・再読したい。読書の楽しみを共有したい。
・主催者の楽しみ。参加者の楽しみ。
を考えていたような気がする。
もともと若いころから読書好きだった。音楽も好き、映画も好きだが、時に音楽や映画に飽きることがあっても、いつも読書はぼくの友だという感覚があった。年齢と共に新しい著者、新しい本との出会いが続き、飽むことがなかった。興味の対象は小説から、心理学、思想、社会学一般に広がって、読む本に事欠かないと思っていた。
いや、そう思っていたのだが、気がつくと、あまり本を読まなくなっていた。何故なのか。集中力がなくなった。新しい本を読む気力が落ちたのか。40代の後半から、父、母、伯父と介護等に追われ、自分の人生ではなくなったような時期が続いていたからだろうか。もう若くはない、という自覚がネガティブに作用したのか。あるいは、単純に老眼が徐々に進み、本を読みにくくなってきたからだろうか。49歳で前職を辞めて、時間が出来たら読めるのか、と漠然と思っていたが、そういうものでもなかった。本を読むことが減って、漠然とした危機感があった。ある種の不全感と言ってもよいのかもしれない。自分が自分でないような感じ。

続きを読む "読書会.net について" »

沈黙とブランク

庄司薫さんという作家の小説を夢中で読んでいたのは、十代の終わり頃から二十歳代だろうか。

1969年の中央公論に「赤頭巾ちゃん気をつけて」という小説をペンネームで書き(本名は・福田章二)、芥川賞を受賞して一躍時の人になった。小説の主人公の名前も庄司薫で、作者も庄司薫、というわけでこの19歳の主人公が本当に小説を書いたのだろうか? そんなこともささやかれたのだが、不幸なことに(いや、もちろん素晴らしいことだけれど)芥川賞を受賞したために、実はその10年も前に本名で「喪失」という小説を書き、中央公論新人賞を受賞した(当時は二十歳だった)福田章二氏だということがバレてしまう。学生作家の福田章二は本を一冊残して、このときまで沈黙していたのだった。

作家・庄司薫はその後主人公・薫による全四部作を完成させると再び筆を擱く。1970年代末にはほぼ何も書かなくなり、なんと、自作の文庫本化等に後書きを寄せたりする程度で現在まで沈黙を守ってきたのだ。

あれだけ才能のある人がおそらくは数々のオファーがありつつも沈黙を貫いた来た。そこには確固たる意思があったに違いない。

続きを読む "沈黙とブランク" »

« 2013年3月3日 - 2013年3月9日 | トップページ | 2016年9月25日 - 2016年10月1日 »

カテゴリー

  • dozeu.net『雑想ブック』
    平成17年に自主製作した僕のエッセイ集です。
  • まちづくり
    地域づくりコーディネーターとして働いています。市民活動団体、NPO等で地域活動にもかかわっています。
  • 感想・思索
    読書や、観劇、コンサート等の感想や、日々触れるさまざまな事柄について考えたこと、感じたことなど。

最近のトラックバック

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ