まちづくり

地域づくりコーディネーターとして働いています。市民活動団体、NPO等で地域活動にもかかわっています。

2016年9月28日 (水)

クリスタルホールが満杯  〜松元ヒロ ソロライブ を終えて〜

Hiro2

 9月21日(水)、無事に松元ヒロソロライブを開催することが出来ました。

 5月末の第1回実行委員会以来、周到に準備を重ねてきたとはいえ、クリスタルホールがお客様で満杯になり、アンケートの結果も概ね好評に終わったことは望外の喜びでした。

 思い返せば、2012年、2014年にも開催し、今回で3回目。いずれもライブの実行委員長を務めさせて頂きました。私は今でもNPOこどもすぺーす柏の会員でも役員でもありませんが、あるきっかけで2012年にヒロさんのライブ開催の実行委員会に呼んで

Hiro3_2

頂いて以来、時々何かあると呼んで頂くようになりました。
 NPOこどもすぺーす柏では、普段の事業は理事や会員で実施していますが、市民文化会館に東京シティバレエ団をお呼びしてのバレエ鑑賞会や、今回のようなホールを使う事業のように比較的大きな事業を行なうときには実行委員会を組織し、外部から委員の成り手をスカウトすることがあります。今回も委員の半数程度は外部からスカウトされた方々で、ご存知の方々も多く、これは楽しくなりそうだ、と思ったものでした。

続きを読む "クリスタルホールが満杯  〜松元ヒロ ソロライブ を終えて〜" »

2016年8月13日 (土)

読書会.net について

読書会.netというのを立ち上げました。
どうして立ち上げてしまったのかは自分でも良く判りませんが、要は直感的に面白い! と思ったからです。
何故面白いのか、これからどうするのか。
数か月たったので、自分の確認としての意味が大きいのですが、書いてみようと思います。
そもそも、何故思いついたのか。
気がついたら、面白いかも! と考えていた。ということなので、後追いになるわけだが理由を考えると、
・読書から遠ざかりつつあった。ある種の危機感。
・再読したい。読書の楽しみを共有したい。
・主催者の楽しみ。参加者の楽しみ。
を考えていたような気がする。
もともと若いころから読書好きだった。音楽も好き、映画も好きだが、時に音楽や映画に飽きることがあっても、いつも読書はぼくの友だという感覚があった。年齢と共に新しい著者、新しい本との出会いが続き、飽むことがなかった。興味の対象は小説から、心理学、思想、社会学一般に広がって、読む本に事欠かないと思っていた。
いや、そう思っていたのだが、気がつくと、あまり本を読まなくなっていた。何故なのか。集中力がなくなった。新しい本を読む気力が落ちたのか。40代の後半から、父、母、伯父と介護等に追われ、自分の人生ではなくなったような時期が続いていたからだろうか。もう若くはない、という自覚がネガティブに作用したのか。あるいは、単純に老眼が徐々に進み、本を読みにくくなってきたからだろうか。49歳で前職を辞めて、時間が出来たら読めるのか、と漠然と思っていたが、そういうものでもなかった。本を読むことが減って、漠然とした危機感があった。ある種の不全感と言ってもよいのかもしれない。自分が自分でないような感じ。

続きを読む "読書会.net について" »

2012年8月27日 (月)

立川談志に愛された芸人 松元ヒロ ソロライブ 9月22日にアミュゼ柏で開催

是非ご紹介したいイベントです。

◆「マイム」と「トーク」による社会風刺の鬼才・松元ヒロ◆

 時の政治家や話題の「人物」になりきっての「一人コント」で世相を切り裂き、笑いのめす。今こそ、本物のスタンダップ・コメディを観て頂きたい、と思います。

 逸話が残っています。数年前、松元の独演会を客席で見て感動した立川談志が舞台に上がって言ったそうです。「今まで、ヒロを見損なってきた。ちゃんと見てこなかったということを謝ります」

 生前、最後に見た舞台も松元ヒロの独演会だった、とも聞きました。
 談志を魅了した松元の芸は、政治・時事ネタが真骨頂です。この手のネタで笑いを誘う芸人の姿が寄席やテレビ、ラジオから消えて久しい、のではないでしょうか。

 政治の混迷、産業の衰退、少子高齢化、そこに追い討ちをかけた東日本大震災と、福島原発事故。先の見えない閉塞感に包まれた日本の現実を、松元ヒロが笑いで吹き飛ばします。

■松元ヒロ 
1952年 鹿児島に生まれる。
1985年 NTV「お笑いスター誕生」で優勝(笑パーティー)
1988年 <ザ・ニュースペーパー>の結成に参加、政治風刺コントの世界へ。
1998年 <ザ・ニュースペーパー>を退団し、ソロ活動開始。
1999年 渋谷ジァンジァンにて46歳のソロデビュー。マイムやトーク、一人コントをフューチャーした“スタンダップ・コミック”での公演活動に入る。
2005年 「立川談志 日本の笑芸百選」(NHK BS2)に選ばれる。
2007年 TBSラジオ「永六輔その新世界」の
『土曜ワイド芸能大賞』受賞
2000年〜09年 立川志の輔師匠の「志の輔らくご」に毎月ゲスト出演。

日時 2012年9月22日(祝・土)19:00開場
 19:30開演 21:00終演(予定)
会場 アミュゼ柏 2F クリスタルホール
(柏駅東口より徒歩7分)
チケット 全席自由(小学生以下の入場はできません)
前売 一般2000円 中高生1000円

当日 一般2500円 中高生1500円
●(特)NPOこどもすぺーす柏 Tel / Fax  04-7169-8451
●ローソン 0570-084-003(Lコード 36969)
●浅野書店 04-7164-2040 (柏駅東口スカイプラザB1)
●高島屋柏店友の会 04-7144-1111(代)
●銀河望遠鏡hp(クレジットカード決済、銀行振込、商品代引き等扱います)
 http://ginga.dozeu.net/ にアクセス

*今回松元ヒロソロライブの実行委員長をやっています。是非チケットをお求めください!

◆主催の(特)NPOこどもすぺーす柏について◆
 2003年設立。子どもの豊かな育ちのために活動しているNPOです。私たちは、プロによる生の舞台の「鑑賞」や、キャンプでの異年齢での「あそび」などを通じて、さまざまな体験を子どもたちに届けています。目の前で繰り広げられる世界に目を輝かせ心揺さぶられる体験や、大人と子どもが本気であそび合う楽しさは、子ども時代の宝物です。私たちは“とびっきりの子ども時代”を応援しています。
 でも、今回の「松元ヒロソロライブ」は、中学生から大人を対象とした舞台です。大人も大いに笑って元気になりましょう。大人がココロ楽しく過ごすことが、子どもたちの幸せに繋がります。子どもが元気だと大人も元気になるように。

カテゴリー

  • dozeu.net『雑想ブック』
    平成17年に自主製作した僕のエッセイ集です。
  • まちづくり
    地域づくりコーディネーターとして働いています。市民活動団体、NPO等で地域活動にもかかわっています。
  • 感想・思索
    読書や、観劇、コンサート等の感想や、日々触れるさまざまな事柄について考えたこと、感じたことなど。

最近のトラックバック

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ